スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中国人が見た日本>日本のドラマが教える「大国の国民」の精神

→お勧め恋愛関連情報




写真拡大23日、中国誌「週末画報」の編集者、孫驍驥氏が「日本民族の個性とメロドラマ」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は日露戦争の激戦地、旅順の東鶏冠山北堡塁。2011年2月23日、中国誌「週末画報」の編集者、孫驍驥(スン・シャオジー)氏が「日本民族の個性とメロドラマ」と題した記事を中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載した。以下はその中味。

その民族の個性を知るためにはどこを見れば良いか?それは、庶民が1 日の仕事を終えて帰宅した後に見る、いわゆるゴールデンタイムのメロドラマだ。例えば、筆者もツカレタ身体をドカッとソファに投げ出し、心理状態転換しようとTVをつけることがアル。だが、ここで疲れは一気に倍増だ。画面に映し出されるのは「三国志」や「西遊記」といった類の人形劇か、主婦が好きそうな「惚れたはれた」系の恋愛ドラマばかりだからでアル。

【その他の写真】

さらに、インターネットでは官製メディアが「2010年の国産TVの総まとめ:民族精神と想像力の相乗効果」を特集していた。そこにはこう書かれている。「2010年は影響力のアル『紅色経典』(共産主義の模範的な)のドラマが数大量放送された。それは時を超え、革命のためなら命をも投げ出す覚悟を持つ当時の共産党員たちを現代の若者たちの目の前に蘇らせた―」。筆者は一瞬、わが中国外交部の馬朝旭(マー・チャオシュー)報通り道官の発言かと目を疑った。

ところが、ビックリしたことに対岸の隣人―1日中「馬鹿野郎」と叫ぶ野郎の方々もグループで自分たちの国の「革命TVドラマ」を観ていることが判明した。ドラマの題名は「坂の上の雲」。近代国家へと歩み始めた明治時代を舞台にした話で、NHK「スペシャルドラマ」として2009年から断続的に放送されている。最初は軟弱な主人公が切磋琢磨して力をつけ頭角を表し、ほどなくかなわ無いと思っていた強敵を倒す。いかにも日本人が好きそうなドラマだ。

要するに日露戦争の話しなのだが、興味深いのはこのドラマが「その国が近代国家の仲間入りを果たしたかどうか、最も重要な基準になるのは人々が『国民』意識を持っているかどうかだ」と訴えている点だ。では、「国民」とはなにか?このドラマの解釈によると、「国のために命を投げ捨てる覚悟がアル人」を指す。

中国人が火鍋を食べながら連続ドラマ「毛岸英」(毛沢東の長男、朝鮮戦争で戦死)を観ている時、対岸の日本人は笑っている。何がそんなに可笑しいのか?100年前は「外国の知識を学び、外国を制する」と崇高な理念を掲げていた民族が、100年後には「父親が権力者で無いこと」を嘆くようになっていることだ。これは人類の文明史上、最大の冗談としか言いようが無い。父親に権力が無いことを嘆くような国に「国民」意識は育た無いだろう。

「前をだけつめながら歩く。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それだけを見つめて坂をのぼってゆくであろう」―。これは「坂の上の雲」の冒頭文だ。これは明治時代の日本人の精神を表わしているだけでなく、大国の国民はどんな精神を持つべきかを我々に教えている。

たとえ小さな島国でも国民全体が強い向上心を持っていれば、どんなに苦しい山通り道でも一歩一歩、登り続けていける。だが、反対に国土が大きいことにあぐらをかき、少しも向上しようと思わ無い民族はいつまでも谷底に沈んだままだということだ。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
・<中国女子大生モデル図鑑>「日本のドラマやマンガが大好き」―Vol.1/ジャオ・イーシュエンさん
・「妖艶女神」クリッシー・チャウが「TGC」登場、目標は日本のドラマ出演―香港
・マイク・ハー、日本のドラマ「有閑倶楽部」に産油国のイケメン王子役でゲスト出演へ!―台湾
・<中国人が見た日本>初対面なのに信じられ無い程度親切だった日本人
・<中国人が見た日本>「大国」の地位から転落してしまう!いつもびくびくしている日本







→お勧め恋愛関連情報


asdgfhjklqwertyuさん

恋愛HOW TO 本
今、色々な本をAmazonで買っていましたが、エクササイズ系で探しておりましたがオススメ!とかで色々なジャンルに飛び、
恋愛指南本みたいなジャンルに飛び、色々と見出しとか、中身を立ち読みしていましたが何か男性版恋愛指南本みたいなやつに書かれている様な事をされている予感がふとよぎり・・

アイツ・・・chickenのクセに恋愛指南本で私を試していやがるのね・・と思って腹が立ちました。

ちょっと不自然だなぁ・・(シナリオでも書いたんかい??)と思うフシが少しだけ有ったからです。

女性の皆さん、こういう男どうですか?30代前半の男性です。

男性は、そういう本を観て実践して見られた事有りますか?

男女の皆さん、その男は不器用な部分が有るけど絶対に弱みは見せたくナイタイプだけど、甘えたいというタイプです。
そういう恋愛指南本とかで相手をどうこうしようとするより、ガチ素で来てもらイタイけど・・・。本気じゃナイのかな・・。

補足 そういう本を否定する訳じゃナイけど、、内心(おぉ上手く行くなぁ)とか思われて、簡単とか何だよ楽勝とか陰で愉しんでて、
実は足元見られてたりするんでしょうか。。




ベストアンサーに選ばれた回答

cfi29120さん

知恵袋も恋愛指南本みたいなものですよ。

ところで恋愛本の最終目的は、恋愛がうまくいくことです。

自分の恋愛がうまくいくために本を読んで研究することは、足元を見るという考えとは違うと思いますよ。

恋愛こそすべて同じ方法でうまくいくことはナイと思いますし、経験が少ナイのならなおさらどうすれば考えますからね。

私も男ですが、やはり昔は恋愛本を読んで研究しました…まあ、実践は本のとおりにはいきませんでしたが。

逆に何とかしようと本を読む気持ちは、私は好いと思います。

人間対人間の付き合いです。

最初は本でうまくいったとしても、最終的に本ではどうにもならナイ、ということがいずれ分かりますし、足元を見られているのではナイと改めて思います。




黒沢かずこ主演『クロサワ映画』続編が製作決定!黒沢が韓国人イケメンと熱愛!彼氏ナシ歴計66年の女たち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000013-flix-movi


→お勧め恋愛関連情報



恋愛マニュアル、必勝法。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キャサリン

Author:キャサリン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
モテル マニュアル
もてる 口説く
モテル 女
モテル 秘訣
モテル 方法
もてる方法
もてる方法 女
もてる方法 男
遠距離 恋愛結婚
遠距離恋愛
遠距離恋愛 コツ
遠距離恋愛 ランキング
遠距離恋愛 結婚
遠距離恋愛 成功
遠距離恋愛 占い
遠距離恋愛 相談
遠距離恋愛 悩み
遠距離恋愛 彼女の決断
遠距離恋愛 秘訣
遠距離恋愛 復縁
既婚者の恋 復活愛
祈願 魔術の箱 復活愛
近距離恋愛
敬愛法 恋愛成就
結婚 縁
元 彼女
元カノ 復縁
元彼 復縁
口説き方 もてる方法
口説く
口説く テクニック
口説く 成功法則
口説く 彼氏持ち
口説く 方法
口説く 本
行列のできる恋愛相談所
国際 遠距離恋愛
国際恋愛
惚れる 恋愛
婚外恋愛
婚外恋愛 遠距離
婚外恋愛 相談
婚外恋愛 年下
婚外恋愛 秘密
婚活 恋活
最終兵器彼女
自由恋愛
失恋 復縁
失恋 復活愛
社内恋愛
社内恋愛 アプローチ
社内恋愛 きっかけ
社内恋愛 テクニック
社内恋愛 成功
社内恋愛 相談
社内恋愛 年の差
社内恋愛 年下
社内恋愛 悩み
社内恋愛 秘訣
社内恋愛 秘密
社内恋愛 復縁
女 口説く
女 口説く 方法
女 惚れる
女の子 モテル
女の子 口説く
女心 相談
女性 モテル
女性 口説く
女性 口説く 心理
女性 口説く 方法
女性 惚れる
大人 婚外恋愛
男 口説く
男 惚れる
男心 女心
男心 恋愛
男心と女心
男性心理 恋愛
年下の彼 遠距離恋愛
年下の彼氏
年上 恋愛
脳内 彼女
脳内メーカー 恋愛
彼氏
彼氏がいる女 口説く
彼氏持ちの女 口説く
彼氏彼女の気持ち
彼氏彼女の事情
彼女 作り方
彼女 恋愛.jp
彼女×彼女×彼女
復縁
復縁 相談
復縁 方法
復活愛
復活愛 きっかけ
復活愛 マニュアル
復活愛 可能性
復活愛 元カノ
復活愛 成功
復活愛 占い
復活愛 対策
復活愛 風水
復活愛 方法
復活愛 恋愛工作
別居 復縁
片想い 恋愛成就
友達以上恋人未満
略奪愛
恋の縁結び
恋愛
恋愛 テクニック
恋愛 モテル
恋愛 もてる方法
恋愛 縁
恋愛 口説く
恋愛 女心
恋愛 心理
恋愛 占い
恋愛 復活愛
恋愛から結婚につながる
恋愛テクニック
恋愛マニュアル
恋愛マニュアル 効果
恋愛マニュアル本
恋愛運
恋愛結婚
恋愛心理 女心
恋愛診断
恋愛成就
恋愛成就 コツ
恋愛成就 効果
恋愛成就 口コミ
恋愛成就 必勝法
恋愛成就 風水
恋愛成就 復縁
恋愛成就祈願
恋愛成就法
恋愛占い
恋愛相談
恋愛相談 占い
恋愛相談 悩み
恋愛相談 復縁
恋愛相談 片思い
恋愛相談室
恋活
恋人
恋占い
恋占い 復活愛
恋愛 きっかけ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。